HOME  >  事業案内  >  AudioCodes

– AudioCodes社 –

  AudioCodes社は、1993年設立以降、20年以上にわたりVoIPマーケットに特化した製品開発を行っており、世界100カ国以上でトップレベルのマーケットシェアを持ちます。

  近年ではSession Border Controllers、Microsoft社Lync認定VoIPゲートウェイ/IP-Phone等にフォーカスし競合他社を寄せ付けない高品質、高信頼性製品で更にマ

ーケットシェアを伸ばしております。製品は多岐にわたり、通信事業者、サービスプロバイダ、エンタープライズユーザー、各ジャンルで求められる製品を供給し、IP-Phoneに至るまでワンストップでご提案が可能です。

  ネクステージは2008年よりAudioCodes製品の国内正規代理店として継続して国内マーケットにAudioCodes社製品を提供しております。さらに設計、オンサイトインストール、サポート、保守等、7年間のノウハウをベースに自社エンジニアでの対応しております。

Mediant 1000B

  • 認定ゲートウェイとしてLyncソリューションを支援
  • VolPerfect技術採用による高品質音声
  • システム利用者や負荷の増大に応じて、モジュール構成変更可
  • 豊富なインターフェイス提供
  • デジタル (E1/T1/J1)、BRI アナログ (FXS/FXO)
  • 低密度ゲートウェイによるコストパフォーマンス向上
  • 電源異常、ネットワーク劣化の際ののライフライン代替機能
  • 第三者アプリケーション使用時の内部OSNサーバー
  • IP-PBXのプラットフォームとして理想的な組み合わせ
  • サービス継続の為のStand Alone Survivability(SAS)

      Mediant1000Bは、コストパフォーマンスが良く、また収束速度の速い優先のVoIPメディアゲートウェイです。1Uサイズの筐体で【19インチラックの1ユニットにちょうど収まる】、企業間や小規模回線業者でTDMとIPネットワークを接続できるようデザインされています。また、本製品はIP-PBXからPSTNへの接続が途切れないだけでなく、レガシー電話やPBXシステムをネットワークに接続する優れた音声技術を提供しています。本製品は、基本的なメディア機能に加えて、パートナーアプリケーションが使用でき、IP-PBXのプラットフォームの機能も果たします。本製品は、マルチベンダーゲートウェイ、ソフトスイッチ、ゲートキーパー、プロキシサーバ、IPフォン、セッションボーダーコントロール、ファイアウォールとの相互利用が十分可能です。

Mediant 2000

Mediant2000の画像
  • 認定ゲートウェイとしてLyncソリューションを支援
  • 高品質音声に重点を置いた競争力のある最良のメディアゲートウェイ機能
  • 一つのメディアゲートウェイプラットフォームに無線、有線、ケーブルブロードバンドアクセス、固定通信と移動通信の融合を実現するVoIPネットワークが集約されています
  • 柔軟性があり、様々な通話コントロールプロトコルをサポートしている
  • PSTNインターフェイスとシグナリングを豊富に提供しているため世界的に展開している流動的市場の要求に即座に応えることが可能

      Mediant2000VoIPGatewayはAudioCodes市場製品のうちの一つであり、標準規格に適合しているメディアゲートウェイシステムです。有線、無線、ケーブル、ブロードバンドアクセス用に設計されたMediant2000は一般的に企業やサービスプロバイダーに利用されています。筺体は19インチラックの1区画に収まり、小スペースにもちょうど収まるサイズになっております。AudioCodesの有力なVoice over Packet技術が組み込まれており、Mediant2000はNEPs (Network Equipment Providers)やシステムインテグレーターが製品を迅速に市場に出すことができ、次世代ネットワークを確実にコスト効率良く展開することが可能です。このゲートウェイは、VoIPerfect技術を基盤にしており、この技術はAudioCodesの中核技術として弊社のすべての製品に採用されております。

Mediant 800B

Mediant800Bの画像
  • VolPerfect技術採用による高品質音声
  • BRI(4/8ポート)インターフェイス提供
  • 電源異常、ネットワーク劣化の際のPSTNへのライフライン代替機能
  • 確実な接続のためのPSTNfallback機能
  • OSNモジュール搭載モデル
  • Lync SBAモデル
  • サービス継続のためのStand Alone  Survivability(SAS)

      Mediant800Bはコストパフォーマンスの良い、有線のVoIPメディアゲートウェイです。本製品は、企業のTDMとIPネットワークを接続し、小規模ローケーションの様々な要求を満たせるように製造されています。AudioCodesの革新的なボイスオーバーIP技術を組み込むことで、Mediant800Bは製品化までの時間が早く、信頼性のあるコストパフォーマンスの高い次世代ネットワークを展開しています。Mediant800Bは、AudioCodesのメディアゲートウェイ中核技術であるVoIPerfectを基に製造されており、レガシー電話やPBXシステムをIPネットワークに、IP-PBXシステムをPSTNにスムーズに接続できます。本製品はIP-PBXs、IPセントレックスアプリケーションサーバー、ソフトスイッチ、ゲートウェイ、IPフォン、セッションボーダーコントロールとの相互利用が充分可能です。Mediant800Bゲートウェイは、4個,8個のBRIポートをサポートしています。

Media Pack 11x

Media Pack11xの画像
  • 認定ゲートウェイとしてLyncソリューションを支援
  • 音声、ファックス、モデムサポートの提供
  • トール品質音声圧縮提供
  • MWI,ロングホール、Metering Tones Generation、CIDの性能強化
  • PSTNへの緊急番号発信時、またはネットワーク異常時のPSTNへのfallbackを実現
  • IPセントレックスやセントラルIP-PBXのためのStand Alone Survivability(SAS)をサポート
  • SIP、H.323、MGCPスタンドコントロールプロトコルサポート
  • リーディングPBX、IP-PBX、ソフトスイッチ、ゲートキーパーとの相互運用実証

      MediantPackシリーズアナログVoIPゲートウェイはコストパフォーマンスが良く最善の技術を駆使した製品です。これらのスタンドアロンアナログVoIPゲートウェイは、レガシー電話、FAXマシーン、PBXシステムをIPをベースとしたテレフォンネットワークと接続するためや、IPをベースとした新しいPBXシステムを統合するために、高品質音声技術を提供しています。また、豊富な機能が装備されているため、広範囲に渡るキャリア、企業ネットワークアプリケーションとの融合が可能です。MediaPackは、IPセントレックスやセントラルIP-PBXアプリケーションにおいて、支社とセントラルSIPサーバー、またはSIPプロキシー、セントラルIP-PBX間でIPコネクションが切断された際、遠隔地利用を可能にするためStand Alone Survivability(SAS)を提供しています。

緑ボックス

エンタープライズ

エンタープライズ1

Mediant導入によって既存システム活用した社内電話システムの構築

  • 内線の無料化
  • 拠点規模に応じた最適なモデル
  • Stand Alone Survivability(SAS)により障害時でも電話の継続利用が可能
  • IP-PBX、レガシーPBXとの豊富な接続実績
  • OSNによるゲートウェイとIP-PBXを1ボックスでご提供も可能
エンタープライズ2

Stand Alone Survivability (SAS)

Stand Alone Survivability(SAS)の導入により、ネットワーク、メインIP-PBX障害時にもSASが簡易SIPサーバーの役割を果し、IP電話端末と一般回線を使用して、電話システムを継続して使用することが可能となります。

緑ボックス

コールセンター

エンタープライズ1

多彩な製品ラインナップより大規模~小規模コールセンターまで1台でPSTN回線を集約します。

  • 冗長構成によるダウンタイムの軽減
  • 最少構成によるコストダウン
  • CTI製品との豊富な接続実績